グリップ力よりも大切なものを価値判断基準にした「セパレートソックス」

2019.12.08

セパレートソックスという用語の定着

最近、YahooやGoogleで「セパレートソックス」で検索すると、サッカー仕様のショートソックスが閲覧できるようになりました。

LegToolSeparationSystem®を提案した時はサッカーソックスが表示されなかったことを考えると「セパレートソックス」「セパレートストッキング」「セパレートサッカーソックス」という用語が定着されてきていることを嬉しく思います。

機能性ソックス「滑り止め付」

YahooやGoogleで「セパレートソックス」と検索すると滑り止め付の機能性セパレートソックスが画像で紹介されます。

これまでトゥルーソックスやタビオの特長であった靴下の足底部や踵に滑り止めを付けて「グリップ力」に優れたソックスが様々なブランドからリーズナブルな価格で販売されています。

セパレートソックスの普及が加速していることが感じられます!

未だに?グリップ力や5本指が特長というのは残念

とはいえ、シューズ内のずれを靴下で補うための「グリップ力」を特長とするセパレートソックスばかりが目につきます。

最近のサッカースパイクやインソールは、そんなに低品質なのか?

シューフィッターは何をしているのだろうか?

素足感覚はアッパー部分だけなのか?

足とシューズの最適化を実現する価値判断基準

セパレートサッカーソックスは

「セパレートソックス」と「セパレートストッキング」で構成されます。

セパレートソックスは足の部分を被います。

セパレートストッキングは脛・ふくらはぎの部分を被います。

セパレートソックスは靴下の部分です。

LegToolSeparationSystem®は

独自にセパレートソックスの価値判断基準 を作りました。

    • 1. 競技規則第4条と大会規程を遵守
    • 2. 靴内の肌の保護と着用時の肌触
    • 3. たるみ・ずれ・ずり落ちなし(左右別)
    • 4. 運動に適切な伸縮と耐久性
    • 5. 調湿調温

         

        私は靴下に滑り止めを付けてシューズ内のずれを防止を提案する前にシューズ選び方を提案します。

        インソールとソックスの相性を見極めます。

        もしかすると競技者に自足を鍛えることを求めます。

        その上で競技者本来の力を引き出すために「足とシューズの最適化」のお手伝いをします。

         

        LegToolSeparationSystem®が提案するセパレートソックスは

        素足感覚の一歩先を実現する「足とシューズの最適化」です。

         

        セパレートサッカーソックスメーカー

        KAKU SPORTS OFFICE  角田