冬の肌着を選ぶようにサッカーソックスを選ぶ 

2022.12.14

ベースレイヤーを選ぶようにソックスを選ぶ 

みなさんは、冬の肌着をどのように選んでいますか?

寒くなってくると厚手で保温、温かくなってくると薄手て涼しさなど、季節によって肌着を変えますよね。最近ではスポーツ用のアンダーウェアのみならず、寒い季節に着用する厚手の肌着も柔らかく、軽量で、動きやすい品質の製品が増えてきました。登山では、肌にふれるベースレイヤー選びは、とても重要とされています。肌にふれるので、体にあったサイズ、体の動きを妨げず、着心地や肌触りのよさ、体温調節、吸湿速乾などに適した素材などを選びます。

Patagonia ベースレイヤー

montbell  アンダーウェア

履き心地、肌さわりでのソックス選び

肌着は服を脱がなければわからないように、ソックスはシューズを脱がなければ人からみられることはないので、シューズ選びのような熱心さはない方が多いかもしれません。『今日はシューズを脱がないから親指に穴が空いていても大丈夫!』なんて方もいるかも.....。

もちろん、親指に穴が空いているサッカーソックスを履いた日は、指先に違和感があってプレイに集中できなかったり、穴が空いている部分が肌と擦れて痛身を感じたりするかもしれません。

ソックスは、正しいサイズ、履き心地や肌触りのよさ、体温調節、吸湿速乾、足指・足裏・足・足首の動きを妨げない、素材などできちんと選ぶとシューズを履いた時の気持ちよさ、動いた時の快適さがアップしますので、ベースレイヤーを選ぶようにソックスを選ぶことをおすすめします!

 

サッカーソックス選びで”快適”にプレーしよう

正しいソックス選びは、独特の形状のサッカー専用シューズを履く時の快適さを作り出すためのひとつの方法がです。私が、提案する足とシューズの最適化を図るサッカーソックスのセパレート化サッカーシューズを選ぶようにサッカーソックスを選ぶという表現に加え、”ベースレイヤーを選ぶようにソックスを選ぶという表現でもお伝えしていきます!素肌に触れる肌着やソックスは、着心地・履き心地や肌さわり、柔らかさや軽さ、汗や蒸れを解消してくれることで快適さをつくり出してくれます。肌をやさしく守り、着心地良く、足指、足裏、足、足首の動きを妨げないソックスを選んで快適にプレイしてください。最後にサッカーソックを選ぶ際に、どんなに履き心地や肌さわりがよくても、プレー中にシューズ内でズレたり、たるんだりしてしまうようなソックですと、マメや靴擦れの原因になるので注意してください。

 

 

【セパレートソックス・中厚 TOKYO】

【セパレートソックス・中厚 5本指 OKINAWA】

【セパレートソックス・薄 SAO PAULO】

【セパレートソックス・薄 5本指 RIO DE JANEIRO】

フットボールクリエイター 角田壮監