走る(闘う意志と意欲)ことの大切さ

2018.07.12

まだ走れます。とは、「まだ闘えます」ということ!

FIFAワールドカップ2018ロシア 準決勝

クロアチア代表vsイングランド代表の試合をテレビ観戦。

クロアチア代表の見事なプレイ姿勢に拍手!

痺れました。

午後になり

Sports Graphic Namber の記事を読み、感動しています。

3戦連続、延長戦。「まだ走れます」

ファイナリスト サッカークロアチア代表に最大級の敬意を表します。

そして、このような記事を掲載されたSports Graphic Namberにも敬意を。

 

敗れたイングランドの選手たちよりも先に、目を潤ませたように見えた。観る者の心を揺さぶりながら、クロアチアが初の決勝行きのチケットをもぎ取った。若きイングランドは、恐ろしく効率的だった。

Sports Graphic Numberさんの投稿 2018年7月11日水曜日

 

より走るために「足とシューズの最適化」

LTSSの概念、設定、それを実現するための構成要素。そのプレイモデルとなる競技者がサッカークロアチア代表選手が展開した「走り=闘い」続ける競技者です。

彼らのような意志と意欲をベースにした活動意欲に満ち溢れたプレイに適したサッカースパイクがトレンドなり、そのサッカースパイクと競技者の足の円滑な関係をつくり「足とシューズの最適化」を生み出すことがサッカーソックスの役割になります。

最高の刺激に感謝

出張、天候に、活動意欲が停滞気味の私の日常に最高の刺激!

午後からはモチベーション高く、仕事に取り組んでいます。

クロアチア代表に感謝!

 

LTSSオーガナイザー

セパレートサッカーソックスメーカー 角田